オールセラミック

特徴

オールセラミックとは?

最近の技術革新の元で、最も進化した部分です。
以前のセラミックは、強さが不十分であったりして咬み合わせがきつい部分には使用できないなど、制限がありました。
近年の材質の技術革新や、デジタル技術の応用などによって、強度が飛躍的に上がり、今や金属よりも強度、耐久性とも強くなりました。
自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、人体親和性もあり、金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも、安心して治療を受けて頂けます。
また、お口の中の歯肉とのなじみも良いため周囲の歯肉の健康も維持できます。お口の中に使う材料として、理想的な素材と言われております。

オールセラミック治療に適した方

  • 長期間、安定した治療、長持ちする治療を希望する方
  • 銀歯等の金属が見えるのが気になる方
  • 神経を取ったことにより歯が黒ずんでいる方
  • 金属アレルギーをお持ちの方

適応部位

全ての部位の歯に適応します。但しセラミックの厚みが取れる噛み合わせ状態である必要がございます。

材質

セラミックのみを使用して作る冠。金属を一切使用しないのが特徴です。

長所

金属を一切使用しない為、透明感もその構造も天然歯と同じようにあり、見た目が天然歯に非常に近く多く使用される素材です。摩耗しにくく、変色の心配がない為、装着後の劣化が起こりづらいです。また、人体(歯肉)への親和性が高い為、歯肉退縮(歯ぐきが小さくなってしまう事)を起こしづらいです。

短所

特にありません。近年、素材の改良、デジタル技術の応用等により、物性は飛躍的に向上し、金属よりも強度・耐久性ともに強くなりました。当院で使用しているセラミックは、その生体親和性の良さ、殆ど汚れがつかないことにより、最も長期間安定して使える治療法といえます。

オールセラミック治療の種類

【オールセラミック】
オールセラミック用の特別な型取り、咬み合わせを取ります。
又、お口の中の写真を専用の一眼レフカメラを使って写真におさめ、歯を作る技工士に色見本のデータと一緒に送り、歯を仕上げていきます。

 

【セラミックマイスターコース】
より審美性の要求の高い症例、歯を極力削らないで治療するマイクロベニア、咬み合わせの崩壊した症例などを治す治療など難易度の高い症例、こだわりの強い症例に対応させて頂く治療法です。
高度な技術と咬合と審美性で世界的に著名な技工士と提携し、歯を作る、加工する器械を医院に導入し、診療台の横でその患者さんの繊細なご要望に合わせて歯を加工して作る治療法です。
他の医院ではまねの出来ない仕上がりになります。しっかりとしたプランニングをした後、毎週通院するという形ではなく、1回あたり、3~6時間という長い時間を使って治療していくというスタイルです。

Before

After

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログDr.鈴木のこだわり鈴木歯科医院オフィシャルサイトインプラントをご検討されている方はこちら入れ歯をご検討されている方はこちら