審美インプラント

特徴

審美インプラントとは?

虫歯や歯周病や事故など何らかの理由で歯を失った場合に、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせることで新たな歯を獲得する治療がインプラントです。
ブリッジや入れ歯と異なり、他の歯に負担を掛けることなく単独で新たな歯を得ることが出来るので非常にメリットの大きい治療法と言えます。
審美面、機能面からも、インプラント治療は歯を失った場合の治療法の選択肢として第一番目に考えられるようになってきました。
インプラント治療は骨の中にチタン製の人工歯根を埋入する治療法のため、顎の骨の厚みや深さが十分になければ、インプラント治療を行うことができません。
炎症や事故により骨の量が少なくなってしまった場合や歯を抜いてから長時間経過して骨が痩せてしまった場合には、インプラント周囲の骨や歯肉の自然な形を取り戻す為、骨造成、歯肉造成が必要になるケースが多くあります。
もう一度、自然で美しい歯をインプラントによって取り戻すため、骨造成、歯肉造成術を併用し、『永きにわたって自然な咀嚼ができ、天然歯のような審美にもこだわったインプラントを患者さんに提供すること』コンセプトとしております。

審美インプラントをお勧めする部位

審美的な部位
歯肉のつけ根が見える部位

適応部位

審美的な部位(小臼歯部くらいまで)
歯肉のつけ根が見える部位
小臼歯部、大臼歯部にあってそのままインプラント治療を行った場合、食べ物が挟まりやすい、またはブラッシングなどお手入れの上でも磨きづらいことになる部位

長所

より自然な美しさ、磨きやすさを含めた自然感を取り戻せるインプラント治療

短所

骨、歯肉造成などインプラント手術以外の処置が必要

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログDr.鈴木のこだわり鈴木歯科医院オフィシャルサイトインプラントをご検討されている方はこちら入れ歯をご検討されている方はこちら