マイクロベニア

特徴

マイクロベニアとは?

マイクロべニアとは?
歯の表面を削らない、もしくはほんの少しだけ削るラミネートべニア法の一種で、
マイクロスコープ(歯科顕微鏡)を使った高度な治療法。
0.1mmとかのレベルでの診療となると、肉眼で確認しての治療ではなく、
医院サイドでも、技工サイドでもマイクロスコープを使用した治療になります。
当院でのマイクロべニアは、基本にのっとり、矯正、歯周形成外科の必要性をも
考慮に入れたうえで、
① 診断用ワックスアップ(模型上で理想形を作成する)
② 診断用モックアップ
③ 支台歯形成
④ 印象採得
⑤ プロビジョナル(仮歯)
⑥ 最終修復物装着
と、最終修復物前に、何段階かのステップ踏みながらを、患者さんの希望や顔貌との調和
口唇や舌のの関係を確かめながら、治療をを進めていきます。

マイクロベニア治療に適した歯

  • エナメル質(歯の表面の層)が多く残っている歯(既に大きく削られていない歯)
  • 歯を削らなくて、あるいは少し削るだけで治療できる歯
  • 大きく削られた歯があった場合は、その歯はオールセラミック(セラミックマイスター)それ以外をマイクロベニアで修復する形になります

適応

エナメル質(歯の表面の層)が残っている歯である事
① 色調の改善を必要とする歯(ホワイトニングのみでは審美的要求を満たすことのできない歯)
テトラサイクリン変色歯、修復後の変色歯、失活による変色歯、脱灰による変色歯
② 形態の改善を必要とする歯
先天性矮小歯、隙間のある歯(条件あり)、咬耗歯、摩耗歯、歯の位置の改変が必要な歯
③ 実質欠損のある歯
破折歯、先天的な欠損、酸蝕歯(後天的に溶けてしまった歯)
④ 歯の表面性状の改変を必要とする歯
矯正治療後、歯の表面が白濁を起こした歯、歯の表面の質感 光沢の改善が必要な歯

材質

セラミック製

長所

歯を削る量が0、もしくは最小限で済むため、生活歯に適応出来ます。又、歯を殆ど削らない治療である為、万が一、追加の治療や別の治療に切り替える場合でもやりかえがきく自由度があります。顕微鏡を使った精密治療、高度な技工・技術を必要としますが、大きく削る従来法と比べ、歯自身の強さとしなやかさがより強くなります。

短所

顕微鏡を使った治療、熟練した技工士による歯の加工などを必要とするため、時間がかかり、又、費用もかかります。

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログDr.鈴木のこだわり鈴木歯科医院オフィシャルサイトインプラントをご検討されている方はこちら入れ歯をご検討されている方はこちら