メタルセラミック

特徴

メタルセラミックとは?

セラミック修復としては、永年使われていた方法です。
近年のセラミックの材質の改良により、当院ではより耐久性、審美性の高い質の高いメタルセラミックへと変更しました。
オールセラミック修復に比べ、治療費が若干安く済むのも特徴です。
ただその構造(内部に金属の補強がある)ため、前歯部や歯肉の薄い場合では、シャドー(歯肉のふちに黒いライン状の影)が出てしまう場合があります。
大臼歯部など、大きな力がかかる歯では、上下のかみ合わせで充分な厚みが取れない場合には適応できません。

メタルセラミック治療に適した歯

  • 歯肉のラインが見えない歯
  • 小臼歯や、大臼歯などシャドー(歯肉のふちに黒いライン状の影)が出ても気にならない歯
  • 周りの歯が、メタルセラミックで治療されている歯
  • 審美性がそれほど重要でない歯

適応部位

小臼歯や、大臼歯などシャドーが出ても気にならない部位
上下のかみ合わせで空間があり、セラミックの厚みが充分取れる部位

長所

審美性、耐久性では若干落ちるものの、オールセラミック修復に比べ、治療費が若干安く済む。
金属歯に比べ、汚れが着きづらい。

短所

その構造(内部に金属の補強がある)ため、前歯部や歯肉の薄い場合では、シャドー(歯肉のふちに黒いライン状の影)が出てしまう場合があります。
歯肉が退縮した場合、自分の歯とセラミックの境目がはっきり見えてきてしまいます。
オールセラミックに比べると透明性に欠けるため、審美性では、オールセラミックが勝っています。

メールで院長へ相談する鈴木歯科ブログDr.鈴木のこだわり鈴木歯科医院オフィシャルサイトインプラントをご検討されている方はこちら入れ歯をご検討されている方はこちら